勉強の時間が無い

習い事や部活動をしている子供たちの勉強をしない理由に時間がないよーというものがあります。このタイプにはどう勉強させればいいのか、説明していきます。

部活や習い事に一生懸命なことはいいのですが、それで勉強が出来ないといわれると、パパママ家庭教師としても複雑なところですよね。疲れて帰ってきて、お風呂や食事を終えると、疲れているし、ダルいから眠いというふうにお子様はなっていると思います。

このような状態で勉強をするとなると、『これから何時間もやるのは無理』となるのは自然だと言えますが、ここでそのままにして、もしも解らない箇所があったりしてそれが積み重なってしまいますと、修正するのは大変な事となってきますし、お子様に対する負担も大きくなってしまいます。そうならない為に15分でいいから勉強する時間を作ってあげてください。勉強する時間は15分程度でいいのです。

他のタイプのパパママ家庭教師法でも説明していますが、勉強で大事なのは集中している時間と予習復習という内容の勉強なのです。

疲れているお子様でも『15分程度でいいから復習しよう』と、パパママ家庭教師が一緒になって、勉強すればいいのです。パパママ家庭教師も疲れているとは思いますが、子供と同じく15分程度なら可能だと思います。

おすすめWEBサイト 5選

横浜 永代供養 人気
スーツ 通販

最終更新日:2017/6/12